ホーム  >  次号特集

次号特集

11月15日(水)発売 2017年12月号 No.846 定価880円(本体815円)

 

立派な石垣が残る高取城跡

12月号の特集:
戦国の山


戦国大名が覇権を争った時代。
多くの山城が築かれ、軍勢が峠道を越えた。
現在の登山フィールドは、戦国時代にどのような舞台だったのか。
山に刻まれた歴史をたどる旅。

※内容は変更になる場合があります。

 

■豪華執筆陣による連載
畠山 重篤 山と海の出逢い (三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
梶山 正 日本百名山冬期登頂記
大内 征 歴史の山旅
斎藤 潤 しま山100選 (海から山の頂へ、新しい島の魅力)

■そのほかの連載記事

登山をもっと面白く 山の学問(山に関係する学問を学ぶ)/登山と体(読んで効き目のある情報)/山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)/山の文学アンソロジー(文化人による珠玉の山の文章をお届け)/岳人プロファイル(山に関わる人々へのインタビュー)/とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人ニュース岳人サロン今月の本箱(山や自然に関する新刊書からおすすめをご紹介)/山岳書クラシックス


このページのトップへ