ホーム  >  次号特集

次号特集

7月15日(土)発売 2017年8月号 No.842 定価734円(本体680円)

写真◎櫻井利通 槍ヶ岳頂上直下から穂先を望む

8月号の特集:
テントと山旅


テントの山旅は自由である。
何時に起きてどこまで歩くか、何が必要で何が要らないか、
登山全体を把握し、思うままに展開するのは清々しい。
単独テント泊縦走のほか、グループでのソロテント活用法など、
初心者はもちろん熟練者も新たな世界が広がるテント泊の山登り。

※内容は変更になる場合があります。

■豪華執筆陣による連載
竹田津 実 オホーツクの村物語り
畠山 重篤 山と海の出逢い (三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
藤木 高嶺 山に生きる父と子の一七〇年 (アルピニスト藤木九三の足跡)
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
梶山 正 日本百名山冬期登頂記
大内 征 歴史の山旅
斎藤 潤 しま山100選 (海から山の頂へ、新しい島の魅力)
羽根田 治 あなたの登山は安全? 気がつかずに冒してしまうリスクを考える(実際の遭難、事故事例をマンガで再現、教訓と対策)

■そのほかの連載記事

登山をもっと面白く 山の学問(山に関係する学問を学ぶ)/登山と体(読んで効き目のある情報)/山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)/とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人インフォメーション岳人サロン書評山岳書クラシックス


このページのトップへ