ホーム  >  次号特集

次号特集

4月15日(土)発売 2017年5月号 No.839 定価734円(本体680円)

 
 

5月号の特集:
鉄道で行く山


昔から効率的な移動手段として
多くの登山者に親しまれてきた“鉄道”。
鉄道だからこそ楽しめる縦走登山や横断登山、
地元食材を使った駅弁など、どこか懐かしくも新しい、
鉄道で行く山の特集です。

※内容は変更になる場合があります。

 

■豪華執筆陣による連載
竹田津 実 オホーツクの村物語り
畠山 重篤 山と海の出逢い (三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
猪熊 隆之 実践! 山の天気を読む
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
藤木 高嶺 山に生きる父と子の一七〇年 (アルピニスト藤木九三の足跡)
大森 義彦 登山と体(読んで効き目のある情報)
羽根田 治 あなたの登山は安全? 気がつかずに冒してしまうリスクを考える(実際の遭難、事故事例をマンガで再現、教訓と対策)
梶山 正 日本百名山冬期登頂記

■そのほかの連載記事

山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)/アドベンチャーリポート岳人プロファイル(山に関わる人々へのインタビュー)/とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人インフォメーション岳人サロン書評山岳書クラシックス


このページのトップへ