ホーム  >  最新号について

最新号について

8月12日(土)発売 山岳雑誌『岳人』2017年9月号 No.843 定価880円(本体815円)

※リニューアルに伴い、新価格になりました。
 

[今月の表紙] らいちょう(1978)
作:畦地 梅太郎

特集: 日本の山⑦ 槍ヶ岳


個性的なフォルムで
日本5位の標高でそびえ立つ
播隆が開き、大正の文人たちが集い
文太郎と松濤を飲み込んだ
日本山岳のランドマークを
多彩な時空間から登山する

 

最新号を申し込む ≫

※ クリックで拡大表示できます。


■特集
槍ヶ岳全図
遥かなる槍へ 稜線の一本道 表銀座をゆく / 吉田 智彦
トンガリ目指して大キレットを越える / 渡辺 幸雄馬上 寛
槍ヶ岳登山ルートガイド / 菊池 哲男
・上高地~槍沢~天狗原
・新穂高温泉~双六岳~西鎌尾根
・新穂高温泉~槍平~飛騨沢
槍ヶ岳パノラマ展望 / DAN杉本渡辺 幸雄
クラシックバリエーション北鎌尾根をゆく / 加藤 芳樹
千丈沢から登る槍ヶ岳 / 梶山 正服部 文祥
北鎌尾根千丈沢側岩壁の思い出 / 角幡 唯介
1891年のウェストンルートを探して / 川崎 憲一郎服部 文祥
槍ヶ岳の写真家 穂苅三寿雄 / 穂苅 三寿雄高桑 信一

【70周年企画】
岳人創刊70周年対談 クライマー 山野井泰史×本誌編集長 辰野 勇
読者プレゼント
※読者の皆さまに感謝の気持ちを込めて、抽選で当たる豪華プレゼントを用意しました。詳しくは本誌66ページをご覧ください。

山の日フォトコンテスト入賞作品発表

■豪華執筆陣による連載
畠山 重篤 山と海の出逢い(三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
梶山 正 日本百名山冬期登頂記
大内 征 歴史の山旅
斎藤 潤 しま山100選 (海から山の頂へ、新しい島の魅力)

■そのほかの連載記事
登山をもっと面白く 山の学問(山に関係する学問を学ぶ)/登山と体(読んで効き目のある情報)/山の文学アンソロジー(文化人による珠玉の山の文章をお届け)/山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)/とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人インフォメーション岳人サロン今月の本箱(山や自然に関する新刊書からおすすめをご紹介)/山岳書クラシックス(今読んでもおもしろい古典山岳書の紹介)
 

 

<記事に関するお詫びと訂正>
P.124~125「とっておきの山歩き」木山内岳の記事におきまして、下記の通り誤りがございました。読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。
P.125 写真キャプション(左側)
誤)喜平という人が祝子川と藤河内と行き来したことから名付けられた喜平越
正)木山内岳山頂からの展望

 

『岳人』最新号は、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。


モンベルクラブ会員さまは、送料無料でお届けします! モンベルクラブについてはこちらをご覧ください。


このページのトップへ