ホーム  >  最新号について

最新号について

8月12日(金)発売 山岳雑誌『岳人』2016年9月号 No.831 定価734円(本体680円)

[今月の表紙] 遠い山(1978)
作:畦地 梅太郎



特集: 日本の山③ 北岳


稜線と野呂川に囲まれて
隠れるごとくにそびえる北岳。
日本アルプス最高峰のみならず
登山史、山容、文学、自然、
山塊北岳に秘められた様々な貌と魅力を解き明かす


最新号を申し込む »


※ クリックで拡大表示できます。


■特集
[山行記] 遠く高く続く峰々 白峰南嶺から白峰三山縦走 / 写真◎丸山 剛
[山行記] 北岳スケッチ紀行 大樺沢ルートから北岳登頂 / 絵・文◎伊藤 美沙
[山行記] 北岳を見る山 鳳凰三山縦走 / 文・写真◎加藤 芳樹
[山行記] 大井川源流単独行 大井川東俣から北岳へ / 文◎宮城 公博
[人物] 特別インタビュー 高村 薫『マークスの山』を語る
[展望] 北岳からの眺め 東西南北 眼下に広がる山
[歴史] 北岳登山史 人と北岳の関わり / 文◎服部 文祥
[雑学1] 誰が呼んだか白峰山
[小屋] 北岳周辺の山小屋 白根御池小屋、北岳肩の小屋、広河原山荘、他
[雑学2] 花の山、北岳の秘密
[ガイド] 静かに登る北岳ガイド 池山吊尾根、嶺朋ルート、野呂川支流荒川北沢、野呂川左俣沢、小太郎沢
[雑学3] 北岳のライチョウを守れ



■豪華執筆陣による連載
石川 直樹 アジアの山に生きる
竹田津 実 [新連載] オホーツクの村物語り
畠山 重篤 山と海の出逢い(三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
藤木 高嶺 山に生きる父と子の一七〇年(アルピニスト藤木九三の足跡)
大森 義彦 [新連載] 登山と体(読んで効き目のある情報)
羽根田 治 あなたの登山は安全? 気がつかずに冒してしまうリスクを考える(実際の遭難、事故事例をマンガで再現、教訓と対策)
梶山 正 日本百名山冬期登頂記

■そのほかの連載記事
岳人プロファイル(山に関わる人々へのインタビュー)/秘境探訪山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)/とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人インフォメーション岳人サロン書評山岳書クラシックス(今読んでもおもしろい古典山岳書の紹介)




『岳人』最新号は、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。


モンベルクラブ会員さまは、送料無料でお届けします! モンベルクラブについてはこちらをご覧ください。


このページのトップへ