ホーム  >  最新号について

最新号について

3月15日(水)発売 山岳雑誌『岳人』2017年4月号 No.838 定価734円(本体680円)

[今月の表紙] 槍ヶ岳(1952)
作:畦地 梅太郎

 

 

特集: 日本百名山と深田久弥


いつしか人は物語とともに頂を目指す
関わり方を変えながら
山はずっと日本人とともにある
名高き山を集め百に括る人の思いに
岳人たちが抱いた物語を探る

 

最新号を申し込む »

※ クリックで拡大表示できます。


■特集
日本百名山MAP
心に残る百名山 / 山野井 泰史(甲斐駒ヶ岳)/ 伊藤 健次(幌尻岳)/ 辰野 勇(剱岳)/ 市毛 良枝(九重山)/ 重廣 恒夫(飯豊山)
日本百名山の歴史
『日本百名山』は、文学である。 ~『山と高原』の担当編集者 大森久雄さんに聞く~
深田が辿った百名山
・槍ヶ岳 一ノ俣谷から中山峠越え(1922年)
・トムラウシ山 トムラウシ温泉から天人峡温泉へ(1961年)
・平ヶ岳 中ノ岐川二岐沢からヤブを漕いで登頂(1962年)
・甲武信ヶ岳 笛吹川上流、釜ノ沢を詰めて登頂(1927年頃 )
・高千穂峰 韓国岳から高千穂峰へ(1939年)
深田久弥の百名山登頂ルート
変わりゆく百名山 美ヶ原・霧ヶ峰/筑波山/伊吹山
深田が入れたかった一0一番目の百名山 ニペソツ山/森吉山/守門岳/笊ヶ岳/能郷白山/由布岳
百名山バッジコレクション ~山バッジ工房を訪ねて~
百名山完登者に聞きました ~その実践と方法~
海外から見た百名山 『日本百名山』翻訳者 マーティン・フッドさん
「百名山の沢を登る」 松原憲彦さん
「冬に挑む百名山」 梶山正さん

■豪華執筆陣による連載
竹田津 実 オホーツクの村物語り
畠山 重篤 山と海の出逢い(三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
猪熊 隆之 実践! 山の天気を読む
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
藤木 高嶺 山に生きる父と子の一七〇年(アルピニスト藤木九三の足跡)
大森 義彦 登山と体(読んで効き目のある情報)
羽根田 治 あなたの登山は安全? 気がつかずに冒してしまうリスクを考える(実際の遭難、事故事例をマンガで再現、教訓と対策)
梶山 正 日本百名山冬期登頂記

■そのほかの連載記事
岳人プロファイル(山に関わる人々へのインタビュー)/秘境探訪山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)/とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人インフォメーション岳人サロン書評山岳書クラシックス(今読んでもおもしろい古典山岳書の紹介)



 

<誤植のお詫びと訂正>
P.38「深田久弥の百名山登頂ルート」におきまして、下記の通り誤りがございました。読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。
P.38右下 写真のキャプション
誤)薬師岳から剱、館山を見る。 → 正)薬師岳から剱、立山を見る。

 

『岳人』最新号は、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。


モンベルクラブ会員さまは、送料無料でお届けします! モンベルクラブについてはこちらをご覧ください。


このページのトップへ