ホーム  >  最新号について

最新号について

8月16日(木)発売 山岳雑誌『岳人』2018年9月号 No.855 定価880円(本体815円)

 

[今月の表紙] 河口湖(1949年)
作:畦地 梅太郎

特集: 世界遺産の山旅


地球の生成と人類の歴史によって生み出され
現在まで引き継がれてきた人類共通の遺産
地図を読み、径(みち)を踏みしめ
特別な場所をじっくり巡れば
味わい深い山旅になる


 

   

最新号を申し込む ≫


※ クリックで拡大表示できます。


■特集 世界遺産の山旅
[知床]
①羅臼岳 / 文・スケッチ◎伊藤 美沙
②知床沼

[屋久島] / 文・写真◎大木 信介
①宮之浦岳縦走、②モッチョム岳、③太忠岳 石塚山、④愛子岳

[紀伊山地の霊場と参詣道]
①大峯奥駈道、②高野山

もっと知りたい 世界遺産

[白神山地]
白神岳から十二湖縦走 / 写真◎亀田 正人、文◎服部 文祥

世界遺産の山が向き合う課題と取り組み / 文◎宗像 充

[日光の社寺]
女峰山から男体山縦走 / 写真◎亀田 正人、文◎服部 文祥

[古都の文化財をつなぐ山旅]
①奈良 春日山原始林と滝坂の道、②京都 比叡山千日回峰の道

[富士山]
吉田口登山道 / 文・写真◎高桑 信一

[厳島神社]
宮島縦走

第3回 モンベル 山の日フォトコンテスト入賞作品発表

 

■豪華執筆陣による連載
畠山 重篤 山と海の出逢い(三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
梶山 正 日本百名山冬期登頂記
斎藤 潤 しま山100選 (海から山の頂へ、新しい島の魅力)

■そのほかの連載記事
パノラマの名山(遠くに見えるあの頂は?)/ 山の文学アンソロジー(文化人による珠玉の山の文章をお届け)/ 山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人掲示板岳人ニュース岳人の湯今月の本箱(山や自然に関する新刊書からおすすめをご紹介)/山岳書クラシックス(今読んでもおもしろい古典山岳書の紹介)



 

<記事に関するお詫びと訂正>
「岳人2018年9月号」におきまして、下記の通り誤りがございました。読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。
P.76 山の日フォトコンテスト 百成由紀子さん作品「眺望漫遊」の賞名
誤)東近江市鈴鹿10座エコツーリズム賞 → 正)JAPAN ECO TRACK賞
※「東近江市鈴鹿10座エコツーリズム賞」は該当作品がございませんでした。
※霊仙山は鈴鹿10座に含まれておりません。

 


『岳人』最新号は、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。


モンベルクラブ会員さまは、送料無料でお届けします! モンベルクラブについてはこちらをご覧ください。


このページのトップへ