ホーム  >  最新号について

最新号について

7月15日(金)発売 山岳雑誌『岳人』2016年8月号 No.830 定価734円(本体680円)

[今月の表紙] 湿原の花(1963)
作:畦地 梅太郎



特集: 花の名山


どこまでも続くお花畑に見とれて時を忘れ
名前を覚えたての一輪に、胸を弾ませる
花は、山人の心を刺激してやまない
花の見頃はまだまだこれから


最新号を申し込む »


※ クリックで拡大表示できます。


■特集
[ガイド] 今年、これから見られる絶景お花畑
白山 / 木村 芳文
白馬三山 / 宮 誠而
燕岳 / 中村 成勝
焼石岳 / 早川 輝雄
大山 / 武並 完治
富士山 御中道 シャクナゲ / 中村 成勝
大峰山脈 稲村ヶ岳 ヤマアジサイ / 小島 誠孝
四国剣山地 剣山 キレンゲショウマ / 梶山 正
九重連峰 坊ガツル 湿原に咲く夏の花々 / 平野 泰祐
[花の雑学①] 高山植物とは
[知識] 漢字でわかる! 高山植物の花の特徴・見分け方
[知識] 高山に咲く 日本のエーデルワイス
[花の雑学②] 高山植物の採取について
[科学] 花の色には、どんな意味があるのか?
[エッセイ] ボタニカル・フォトの世界 / 宮 誠而
[花の雑学③] 高山植物と伝説
[人物] 田淵行男と高山蝶 / エッセイ=水越 武
[環境] お花畑に迫るシカの脅威



■豪華執筆陣による連載
石川 直樹 アジアの山に生きる
畠山 重篤 山と海の出逢い(三陸・気仙沼の漁師が綴る山・森・海の連環)
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
藤木 高嶺 山に生きる父と子の一七〇年(アルピニスト藤木九三の足跡)
羽根田 治 あなたの登山は安全? 気がつかずに冒してしまうリスクを考える(実際の遭難、事故事例をマンガで再現、教訓と対策)
梶山 正 日本百名山冬期登頂記
熊谷 勝 [最終回] 美しい野鳥(山でさえずる野鳥の生き生きとした姿を表現。鳴き声はこちらで聞くことができます。)

■そのほかの連載記事
岳人プロファイル(山に関わる人々へのインタビュー)/山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)/とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人インフォメーション岳人サロン書評山岳書クラシックス(今読んでもおもしろい古典山岳書の紹介)




<記事に関するお詫びと訂正>
「岳人プロファイル」の記事におきまして、下記の通り誤りがございました。読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。
P.64 本文17行目 誤)猿仏産 → 正)猿払産
P.69 本文8行目 誤)極地研 → 正)国立極地研究所




『岳人』最新号は、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。


モンベルクラブ会員さまは、送料無料でお届けします! モンベルクラブについてはこちらをご覧ください。


このページのトップへ