ホーム  >  最新号について

最新号について

2月15日(金)発売 山岳雑誌『岳人』2019年3月号 No.861 定価880円(本体815円)

 

[今月の表紙] 石鎚山(1963年)
作:畦地 梅太郎

特集: 巡礼の山


古今東西、山と人との間には
祈りや旅の文化を通じた
豊かな結びつきがありました


 

   

最新号を申し込む ≫


※ クリックで拡大表示できます。


■特集 巡礼の山
巡礼の山への誘い / 文◎辰野 勇
信仰と生活が入り混じる、二つの聖地を結ぶ道 熊野古道小辺路
江戸中期に年間20万人が参拝した大山に登る 丹沢大山 / 写真◎亀田正人、文◎鈴木優香
山岳巡礼が生まれるまで / イラスト◎ゲキ
祈りの道を拓いた人々 / イラスト◎川口 誠
日本三霊山一筆書き 三禅定の旅
死から再生までを擬似体験 出羽三山巡り
近代以前から続く巡礼文化あれこれ

[紀行・ガイド]
伊勢参宮街道と朝熊ヶ岳(三重県)
愛宕山(京都府) / 写真◎梶山 正
小豆島八十八カ所(香川県)

[エッセイ]
遠い頂 / 文・イラスト◎中村みつを
山に潜む大いなる存在 文・写真◎船尾 修
チベットの聖山、カイラス巡礼の旅 / 文・写真◎渡辺一枝
私の巡礼の山(巡礼の山)
 

■豪華執筆陣による連載
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
梶山 正 日本百名山冬期登頂記
斎藤 潤 しま山100選 (海から山の頂へ、新しい島の魅力)

■そのほかの連載記事
知りたいことがここにある 山の麓のミュージアムパノラマの名山(遠くに見えるあの頂は?)/ 登山をちょっと楽しくする 山の雑学山の文学アンソロジー(文化人による珠玉の山の文章をお届け)/岳人プロファイル(山に関わる人々へのインタビュー)/ 山のエッセイ(山にまつわるちょっといい話)とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/岳人掲示板岳人ニュース岳人の湯今月の本箱(山や自然に関する新刊書からおすすめをご紹介)/山岳書クラシックス(今読んでもおもしろい古典山岳書の紹介)



   

 


『岳人』最新号は、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。


モンベルクラブ会員さまは、送料無料でお届けします! モンベルクラブについてはこちらをご覧ください。


このページのトップへ