ホーム  >  最新号について

最新号について

8 月10日(土)発売 山岳雑誌『岳人』2019年9月号 No.867 定価880円(本体815円)

 

[今月の表紙] 甲斐駒ヶ岳(1955年)
作:畦地 梅太郎

特集:日本の山⑫ 南アルプス

 


甲斐駒ヶ岳、白峰山脈、赤石山脈が隣り合い、
複雑に繋がって深く広い南アルプスとなる。
すべてを語ることはかなわなくても
登山者の視点からその魅力の核心へ


 

   

最新号を申し込む ≫


※ クリックで拡大表示できます。


■特集 日本の山⑫ 南アルプス
日本の山(12)南アルプス
南アルプス概念マップ&インデックス
[南アルプスの3000m峰]
北岳(3193m) ・間ノ岳(3190m) 白峰三山縦走記 / 文◎菖蒲理乃 写真◎加戸昭太郎
農鳥岳(3051m) 南アルプス一円を見渡す大展望 / 写真・文◎梶山 正
仙丈岳(3033m) カールを抱いた南アルプスの女王 / 写真・文◎梶山 正
塩見岳(3047m) 南ア中央部から360度の大展望 / 写真・文◎梶山 正
荒川岳(3141m) 遠くはるかな巨大山塊 / 写真・文◎岸田 明
赤石岳(3121m) 赤石山脈の主峰/ 写真・文◎ 岸田 明
聖岳(3013m) 日本アルプス南端の3000m峰 / 写真・文◎岸田 明
なぜ南アルプスには3000m峰が連なるのか / 文◎小泉武栄
甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山をつなぐ静かな尾根道 / 文・写真◎中西俊明
白峰南嶺のひっそりとした名峰 笊ヶ岳縦走 / 写真◎亀田正人
南アルプスを深く濃く / 写真◎亀田正人 文◎服部文祥
古道をたどる山旅 奈良田越、大井川東俣
いつかは登りたい 気になる山頂
鋸岳(2685m)、蝙蝠岳(2865m)、大無間山(2330m)、中ノ尾根山(2297m)
イラスト&エッセイ はじめての北岳バットレス / 中村みつを
南アルプス展望ハイキング
長野県・鳩吹山/山梨県・茅ヶ岳/山梨県・櫛形山/長野県・御池山
南アルプス山麓の里へ
静岡県・寸又峡/長野県・遠山郷/長野県・大鹿村/山梨県・奈良田/山梨県・芦安
南アルプスの雑学
 

■豪華執筆陣による連載
服部 文祥 今夜も焚火をみつめながら
梶山 正 日本百名山冬期登頂記
斎藤 潤 しま山100選 (海から山の頂へ、新しい島の魅力)

■そのほかの連載記事
パノラマの名山(遠くに見えるあの頂は?)/岳人プロファイル(山に関わる人々へのインタビュー)/知りたいことがここにある 山のミュージアムすぐできる! 登山のためのエクササイズ山の文学アンソロジー(文化人による珠玉の山の文章をお届け)/ とっておきの山歩き(日本各地の登山ガイド)/ Dr.Mの山道具考(登山用具の進化や歴史の物語)/ 岳人掲示板岳人ニュース&インフォメーション岳人の湯



<記事に関するお詫びと訂正>
「岳人2019年9月号」におきまして、下記の通り誤りがございました。読者の皆さまに謹んでお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。
P.110「パノラマの名山」で紹介している妙高山の都道府県が誤っている。
誤)岩手県
正)新潟県

 

『岳人』最新号は、下記ボタンよりお申し込みいただけます。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。


モンベルクラブ会員さまは、送料無料でお届けします! モンベルクラブについてはこちらをご覧ください。


このページのトップへ