ホーム  >  新着情報  >  【広告】シチズン「PROMASTER」とモンベルがコラボしたアウトドア時計を発売!

新着情報

新着情報

2019.03.07

【広告】シチズン「PROMASTER」とモンベルがコラボしたアウトドア時計を発売!


シチズン
 
  • PROMASTER × モンベル
    ラインアップ

    アウトドアで真価を発揮する、コラボレーションモデル

  • シチズン PROMASTER
    先進テクノロジー

    プロフェッショナルのための機能性、耐久性、安全性

  • インプレッション
    文◎ホーボージュン

    全天候型フリーライター、ホーボージュン氏による製品レビューを掲載

 

ラインアップ

■限定モデル(限定BOX付き)

CB0171-89E

CB0177-23E

CB0171-11L

<共通仕様>
エコ・ドライブ搭載 / ワールドタイム電波時計 / 20気圧防水 / 精度:±15秒/月(非受信時) / ケース:スーパーチタニウム™ / ガラス:サファイアガラス(無反射コーティング) / 表面処理: デュラテクトTIC (※CB177-23EのみデュラテクトDLCを採用)

※ 画像をクリックするとモンベルのオンラインショップページへ遷移します。

 

■レギュラーモデル

BN0121-51L

BN0121-00E

BN0121-18X

BN0121-26Y

<共通仕様>
エコ・ドライブ搭載 / 20気圧防水 / 精度:±15秒/月 / ケース:スーパーチタニウム™ / ガラス:サファイアガラス(無反射コーティング)表面処理: デュラテクトTIC

テクノロジー

○エコ・ドライブ

時間は光で創る

定期的な電池交換が不要なシチズン独自の光発電技術。太陽光や室内のわずかな光を電気に換えて時計を動かし、余った電気は二次電電池に蓄えます。一度フル充電すれば、光のないところでも長時間動き続けます。

○スーパーチタニウム™

使い続けたくなる心地よさ

やわらかく加工しにくい純チタニウムに、シチズン独自の表面硬化技術(デュラテクト)を施すことで、ステンレスの5倍以上の硬さを実現。チタニウムが本来持っている軽さや肌への優しさはそのままに、より強く、より美しい素材へと進化させました。

 

○電波時計(限定モデルのみ)

電池交換も時刻合わせもいらない

誤差は10万年に1秒といわれている原子時計をもとに送信される標準電波を受信し、自動的に時刻やカレンダーを修正。エコ・ドライブでありながら、正確な時刻をキャッチする先進技術。

○デュラテクト

美しさをキズつけない

時計本来の輝きや仕上げの美しさを保護するためにシチズンが独自に開発した表面硬化技術。チタニウムやステンレスなどの素材に特殊な加工を施すことで表面硬度を高め、時計のケースやバンドをすりキズや小キズから守ります。

   

インプレッション

シチズン



文◎ホーボージュン


急ぎ足でガレ場を登りながら、左手に目線を走らせる。手首のプロマスターは午後1時20分過ぎを指していた。遅くて3時までにはテント場に着きたい。ということは手持ちの時間はあと100分もない。それまでにピークを踏めるだろうか。見上げるような急登を前に僕はトレッキングポールを握り直した……。
 

map

登山に使う「アウトドアウオッチ」というと、コンパスや高度計を備えたデジタル式のものを想像する人が多いだろう。しかし僕は山で使う時計は誰がなんと言おうと、絶対に三針式のアナログ時計と決めている。

なぜか。それは「行動中でも瞬時に時刻を読み取れ」「ターゲットタイムに対する持ち時間が直感的に把握でき」「今後の歩行ペースと時間配分を素早くジャッジできるから」にほかならない。この〝肌感覚"はデジタルウオッチにはとうてい真似のできない点である。

これは山行のたびに感じていることなのだが「腕時計を見る」ことは、どこか「地図を見る」ことに似てはいないだろうか?
たとえば腕時計を見るときの僕らの意識は、現在の時刻(地図で言うと今いる場所にあたる)だけを見ているのではなく、じつはそれと同時にスタートからの経過時間(地図で言えば、ここまでの距離や行程)や、この先自分に残された時間(地図で言えば、ゴールまでの距離や地形)も一緒に読み取っている。
つまり特に意識はしなくとも、12分割された文字板と2本の針の位置を感覚的にとらえることで、僕らの脳は自然と全体を俯瞰し「自分がどこにいるのか」を読み取っているのだ。これはまさに地図読みの感覚と同じだ。

 

map

その点デジタルウオッチの表示はピンポイント的だ。
たとえば「13 : 21」という時刻表示を見て、それが自分の持ち時間のいったいどのあたりに位置しているのかを瞬時にイメージするのはかなり難しい。こちらは例えるならGPSの座標データみたいなもの。それだけではただの数字の羅列であり、それを地図上に落とし込まないと全体との関係性が見えてこない。つまり山行の全体を俯瞰しつつ、自分が今どこにいるのか、そして残り時間をどう配分すべきかをジャッジしやすいのは、ぜったいにアナログ式だと思うのである。

シチズンのプロマスター・シリーズはそういったアナログ式のメリットを最大限に活かしたアウトドアウオッチだ。

シンプルで余計な装飾のない文字板は、行動中はもちろん、明け方や薄暮の中でも瞬時に時間が読み取れる。またシチズン独自の光発電技術「エコ・ドライブ」は、太陽光はもちろん、ヘッドランプやランタンなどのわずかな光でも発電をしてくれるから、フィールドでの電池切れの心配がまったくない。さらにエコ・ドライブには「パワーセーブ」という機能があり、ソーラーセルに光が当たらず発電が一定時間行われていないのを検知すると、針やカレンダーを止めて自動的に節電状態になる。まるで野生動物が冬眠するように……。この優れたエネルギー制御機能により、光が遮断されても何年も動き続けてくれるのだ。

 

map

そして今回限定数量で発売されるモンベルとのコラボレーションモデルには待望の電波時計が採用された。電波時計は誤差が10万年に1秒といわれる〝原子時計"を基準にするシステムで、世界4エリアの送信所から発信される標準電波を自動受信し、自らの誤差を修正する。そのため事実上誤差はゼロ。時刻修正の煩わしさから永遠に解放されるのだ。

さらに本機は世界26 都市のワールドタイム機能を備えていて、りゅうずを回して自分のいるエリアを選ぶだけで、瞬時に現地時間に設定される。海外山行にも非常に便利なのだ。
それだけではない。コイツはずば抜けたタフさを持っている。ケースにはスーパーチタニウム™が採用され、軽量かつ高剛性。しかも低温プラズマ技術を応用した「デュラテクト」加工が施され、ケース表面は超硬度なコーティングに覆われている。だから岩肌や砂地での擦り傷から本体をしっかりと守ってくれるのだ。

 

 

1989年の誕生以来、世界の探求者たちを魅了し続けてきたプロマスターと〝ファンクション・イズ・ビューティ”を標榜するモンベルのコラボレーションモデルは、極限まで機能を追求したリアル・アウトドア・ウオッチといえよう。

 

 
 

ホーボージュン
profile

 

全天候型フリーライター。さまざまなアウトドア系雑誌で活躍中。海のそばで牧羊犬と暮らし、アウトドアと野宿の旅をこよなく愛する。主な著作に『実戦主義道具学』(ワールドフォトプレス)、『山岳装備大全』(山と渓谷社)などがある。

 
 

お問い合わせ先

シチズンお客さま時計相談室
℡ 0120-78-4807
受付時間:9:30~17:30(祝日を除く月~金)

https://citizen.jp

 

一覧へ戻る


このページのトップへ