ホーム  >  バックナンバー

バックナンバー

■2017年8月号 No.842(2017年7月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: テントと山旅

山に泊まる
風の通り道を避けつつ 中からの眺めを想像して向きを決め
乾いた草の上の樹木をどかしたらテントを広げる
気のせいでもいい
そのとき世界の中心はそこにある

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2017年7月号 No.841(2017年6月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:日本の山⑥ 立山

雲海とともに稜線があり
信仰とともに人を恐れぬライチョウがいて
火山とともに温泉がある
だれでも簡単に来られるけれど 尾根の向こうは険しい剱岳
寄り集う森羅万象をまとめて巡る山の旅

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2017年6月号 No.840(2017年5月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:秘境探訪

「秘境」という言葉には独特の響きがある。
人知れずたたずむ「秘境」もあれば、
誰もが知っていて一度は行ってみたいとあこがれる「秘境」もある。
日本のどこかで、魅力あふれる「秘境」が、
あなたの訪れをまっている。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2017年5月号 No.839(2017年4月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:鉄道で行く山

レールから伝わる心地よいリズムが、心を弾ませてくれる。
鉄道の旅には、そんな不思議な力がある。
快適な特急で、ノスタルジックな鈍行列車で
いつもより少し遠い山へ。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2017年4月号 No.838(2017年3月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:日本百名山と深田久弥

いつしか人は物語とともに頂を目指す
関わり方を変えながら山はずっと日本人とともにある
名高き山を集め百に括る人の思いに
岳人たちが抱いた物語を探る

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2017年3月号 No.837(2017年2月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:山を描く

目の前に広がる山の素敵な風景を誰かに伝えたい、
山で得た感動を自分なりに描写したい―。
誰もが気軽に写真を撮れる時代になっても、色あせない表現、絵。
網膜だけではなく、心に映った山を、今も昔も、人は描き続ける。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2017年2月号 No.836(2017年1月14日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:絶景の冬山を楽しむ―上高地ほか―

息までも白く染まる季節
冬山装備に身を包み、 山へ向かう、
今しか出合えない景色があるから

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2017年1月号 No.835(2016年12月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:植村直己と冒険家たち

23才の若さで、海外の冒険へ踏み出した植村直己。
世界中を感動させた数々の記録は、
今も輝きを失うことはなく、
未知を求める精神は、脈々と現代に受け継がれている。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年12月号 No.834(2016年11月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:街道、峠を歩く

昔から歩き継がれ、山あいに残された街道。
山を越えて人々の生活をつないだ峠道。
大菩薩峠、木曽路、熊野古道など、
かつての暮らしの道には、“登山”の愉しみが、溢れている。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年11月号 No.833(2016年10月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:日本の山⑤ 屋久島

森羅万象がぎゅっと凝縮されたままの島。
世界遺産になっても、訪問客が増えても減っても、
太古から変わることのない屋久島に憧れ、
思いを寄せる特集です。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年10月号 No.832(2016年9月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:日本の山④ 黒部

山塊に降り注いだ水は廊下を穿ち
北アルプスを東西に分けて日本海へ
湿原が広がる源流部、深い森、花崗岩の高峰
岳人が時代を経て山と織りなした時空間の今

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年9月号 No.831(2016年8月12日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:日本の山③ 北岳

稜線と野呂川に囲まれて隠れるごとくにそびえる北岳。
日本アルプス最高峰のみならず
登山史、山容、文学、自然、
山塊北岳に秘められた様々な貌と魅力を解き明かす

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年8月号 No.830(2016年7月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:花の名山

どこまでも続くお花畑に見とれて時を忘れ
名前を覚えたての一輪に、胸を弾ませる
花は、山人の心を刺激してやまない
花の見頃はまだまだこれから

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年7月号 No.829(2016年6月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:名水の山

山の水は、おいしい。
ところで、「水がおいしい」って、どういうことなのか?
日本中どこでも山へ行けば水に出合える。
さあ、山と水の世界へ

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■別冊【夏山2016】(2016年6月8日発売) 定価1,300円(本体1,204円)

 

 

夏山登山ガイドの決定版

夏山シーズン、どこへ登ろうか迷っている方のためのガイドムック。
日本アルプスから八ヶ岳、東北、北海道まで日本各地の山の魅力を紹介。
ハウツー、山小屋リスト、アクセス、立ち寄りスポットなど、使える情報も満載です。

 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年6月号 No.828(2016年5月14日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:韓国の山

早い、安い、面白い、美味しい
気軽に行ける海外の絶景登山
ずいぶん違うけど、どことなく似ている
お隣の国の山と人

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年5月号 No.827(2016年4月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:アンダー1000

山の魅力は標高では表されない。
1000m以下だからこそ、身近に楽しめる
岩の稜線、咲き乱れる花、苔むした森、山頂からの絶景。
すぐそこにある見たことがない風景。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年4月号 No.826(2016年3月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:山と写真

山への想いをふくらませてくれる
一枚の写真にめぐり会いたい


 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年3月号 No.825(2016年2月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:山の謎

現実と非現実の隙間にあるわずかな余白
自然現象に、生き物に、歴史に
この世あらざるものを見出すとき、新たな「山」への扉がひらける

 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年2月号 No.824(2016年1月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:地図の世界

次の週末はどこへ行こう。地図を広げて想像を膨らませる。
登山口からスタートして、この山まで縦走したい。谷と尾根、岩稜と草原、どんな道を辿ろうか。地図の上で、わたしの山登りが始まる。

 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2016年1月号 No.823(2015年12月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:ニッポン開山物語

西欧アルピニズムが入ってくる以前から、日本人は山に登ってきた。
古くからの名山にも、必ずあるはずの初登頂。苦難を乗り越え、ようやくたどり着く山頂への道程を追う。

 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年12月号 No.822(2015年11月14日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:スノーシューとスキー

雪を踏んで森の奥へ
雪景色に変身した山の中へ、足を踏み入れる。畏れるような気持ちと同時に、新しい何かに出会えるかもしれない、そんな予感に誘われる。スノーシューとスキーが、森の奥へと後押ししてくれる。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年11月号 No.821(2015年10月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:山と温泉

紅葉の山をたっぷり楽しんだら、温泉に寄って、秋風に冷えた体を、ゆっくり温めよう。
できれば、素朴な、山村のいで湯がいい。山が、雪に白く染まってしまうまでのほんの少しの間の、贅沢。

 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年10月号 No.820(2015年9月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:日本の山② 穂高岳

日本の登山黎明期から登山者憧れの対象であり続けた穂高連峰。登山史が凝縮された峰々はいまなお険しい山容で登山者を惹き付ける。知的に詩的に肉体的に穂高を遊ぶ岳人の山旅。
 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年9月号 No.819(2015年8月12日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:離島の山旅

船や飛行機を使って、山旅をしてみたい。離島にはその島だけの風土があり、歴史や固有の生態系がある。島国ニッポンの個性豊かな離島の山々、島に渡って山に登れば、いつもと違う登山になる。
 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年8月号 No.818(2015年7月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集:沢登りの世界

みずみずしい緑、静かに波打つエメラルドの釜。涼しい風に吹かれて、渓を歩いているだけで幸せな気持ちになる。夜は森の匂いに包まれて眠る。穏やかな自然の中で古くから育まれてきた日本独自の登山様式、沢登りの世界には人を魅了してやまない何かが詰まっている。

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年7月号 No.817(2015年6月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 山岳トレイルを行く

山々の稜線を歩いて繋ぐ日本独自の山岳トレイルを通じて、
山旅の面白さを発見する。


 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年6月号 No.816(2015年5月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 巨樹をめぐる山旅

新緑の山を歩くと木々の活力に驚かされる。何十年も何百年も同じ場所で葉を落とし、茂らせ、年輪を重ねてきた巨樹たち。地域の里山で親しまれている樹から、山奥に人知れず佇む樹まで、巨樹を訪ねて山を歩けば、新しい登山の魅力に出会える。
 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年5月号 No.815(2015年4月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: ベースキャンプで山を満喫

日帰りでは山の奥深くまで入れない。縦走でテントを背負って歩き回るのも大変だ。テント、山小屋、温泉宿、ベースキャンプを作る滞在型の登山なら、行動範囲も時間も広がる。新しい登山の楽しみ方を提案します。
 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年4月号 No.814(2015年3月14日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 春の山を楽しむ

冬のあいだに降り積もった雪の上を、春の日差しとともにのんびり歩く。締まった雪をスキーで滑ったり、雪解けの低山では花の色を探してみる。春の山を全身で味わう特集。

俳優 瑛太×登山家 服部文祥 サバイバル登山入門
普段から山登りを楽しむ俳優の瑛太が、服部文祥とともにサバイバル登山を行う。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年3月号 No.813(2015年2月14日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 言葉の山旅 山と詩人― 上高地編 ―

「山を想えば人恋し、人を想えば山を恋し」。
山々は時代を問わず人の心をひきつけてやまない。
山を詠い、人を詠い、自らのこころを詠う。
詩人たちが綴る言葉の世界に導かれ、山へ想いを馳せてみませんか。

 

※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年2月号 No.812(2015年1月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 山上駅から始まる冬山

ロープウェイで冬山へ。時間も体力も温存したまま山の上へ。樹氷を眺めるスノーハイク。標高の高い所でのアイスクライミング。
初級者から上級者まで、ロープウェイを使った新しい登山スタイルを紹介する。


 

※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2015年1月号 No.811(2014年12月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 富士山

誰もが知っている日本の最高峰、世界文化遺産。
年間28万5千人が登る、わが国唯一の世界百名山だが、登ったようで、まだ誰もたどり着いていない。知っているようで、誰も知らない、そんな富士山がある。


 

※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。





■2014年12月号 No.810(2014年11月15日発売) 定価734円
(本体680円)

 

 

特集: 山に生きる人々

春の熊猟、漆かき、籠編み、養蜂、馬橇(ばそり)......そこには、登頂を目指すだけでは見えてこない、厳しくも豊かな、もうひとつの山と人との関係がある。

 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2014年11月号 No.809(2014年10月15日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 加藤文太郎 ~素顔の単独行者~

不世出の単独行者として知られ、新田次郎の小説『孤高の人』に描かれた登山界のヒーローの素顔とは。山と町に生きた「一人の人間」としての文太郎の姿をもとめて。

 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2014年10月号 No.808(2014年9月13日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: 日本の山① 剱岳

その険しさから明治末期まで未踏峰として知られていた「岩雪の殿堂 剱岳」。陸軍参謀本部陸地測量部による初登頂ルートである「剱岳 点の記ルート」とは? 別山尾根、剱尾根、早月尾根他、剱岳の魅力を紹介。
 

 
※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




■2014年9月号 No.807(2014年8月12日発売) 定価734円(本体680円)

 

 

特集: Seven Summits ―世界の最高峰7つの物語―

世界七大陸の最高峰・セブンサミッツ。世界最高峰でありアジア大陸最高峰・エベレストをはじめとする7つの山々の登頂は、いまや登山者のひとつの目標とも なっている。山々は、それぞれの大陸の気候と風土の中でユニークな特徴を備え、バラエティに富む。そのひとつひとつを、登山史を交えながら紹介し、7つの大陸の最高峰に登ることの楽しさ、困難さ、意義を考える。

※モンベル・オンラインショップに遷移します。

※ クリックで拡大表示できます。




このページのトップへ